生理時に起こりやすい症状と対策

生理時に起こりやすい症状と対策

TOPページ 生理時に起こりやすい症状と対策 > 生理時に起こりやすい症状と対策

 

生理時に起こりやすい症状と対策

生理痛とは?

生理痛とは、月経時に子宮が強く収縮することで下腹部や腰部に感じる痛みです。大きく分けると、子宮筋腫などの病気が原因であるもの(器質性)と病気ではないもの(機能性)に分かれます。だんだん痛みがひどくなるような場合は、何らかの病気が疑われるので、専門医(婦人科)を受診しましょう。

病気が原因ではない生理痛は、月経時の強い子宮の収縮に伴うものと考えられます。

月経時、よりスムーズに経血(子宮内膜や子宮内の血液)を排出するために、プロスタグランディンという子宮を収縮させるホルモンが分泌されます。

プロスタグランディンの分泌量が多いと、強く子宮が収縮し、それに伴って強い痛みを感じるです。ただし、痛いのは子宮そのものではなくて、子宮の収縮で周囲の臓器や腹膜がひっぱられ、腹部の神経に反射して起こっています。

また、プロスタグランディンは子宮だけではなく、全身の血管にも働きます。血管も筋肉でできていますので、プロスタグランディンで収縮するんですね。

血管が収縮=縮むことで、生理のときに血行が悪くなって、吐き気や頭痛を感じることもあります。

だからといって、プロスタグランディンが悪い、というわけではありません。

子宮を収縮させる力がなくては、経血を上手く排出することができませんよね。

日常生活に差しさわりがあるほど生理痛が強くなってしまうのは、

① 経血が排出されにくいために子宮を収縮させなければならない
② 食事などの生活習慣、体質によってプロスタグランディンの分泌量が多い

などの原因が考えられます。

冷えや血行不良で子宮周辺がうっ血している、骨盤の結合部が固い、子宮頚部の開きが小さい、経血中に大きな塊ができるほど量が多い、などはいずれも経血の排出を妨げます。ですから、ストレッチで股関節まわりをほぐしたり、入浴やカイロで下腹部を温めると生理痛が和らぐことがあります。

プロスタグランディンの合成量は、細胞膜にある脂肪酸からのアラキドン酸の遊離の程度によって左右されるといわれています。食事の中での脂肪酸、とくに動物性食品に含まれる飽和脂肪酸の量が多くなりすぎないように、食事内容を見直してみましょう。

また、鎮痛剤を使う場合は、細胞への物理的な刺激や炎症は、プロスタグランディンの産生を促進するので、プロスタグランディンが産生され、炎症が起きると、アラキドン酸の遊離が促進され、更にプロスタグランディンが産生され、痛みが増していく、という悪循環になります。

痛みを感じ出してからでは、どんどんプロスタグランディンが合成され、鎮痛剤の効果が発揮されにくいので、自分の生理痛のパターンを把握して、痛みを感じそうな日の前日から薬を飲んだほうが効果的です。

こうして「痛みの正体」が分かると、対策も立てやすいですね。

頭痛

生理前や生理中に頭痛を感じる、という女性も多いですよね。

生理時の頭痛にはいくつかの原因が考えられます。

まず一つは子宮を収縮して経血の排出を促すプロスラグランディンによるものです。プロスタグランディンは子宮だけではなく、全身の筋肉や血管に作用しますので、頭部の血管が収縮し、痛みとして感じられるというものです。

また、最近は「骨盤ダイエット」などの流行で、生理周期に伴って骨盤の結合が緩んだり締まったりすることも知られてきていますが、骨盤の開閉に連動して、頭骸骨結合もゆるんだり、しまったりしています。月経時には骨盤とともに頭蓋骨の結合も緩むのですが、ストレスや緊張で頭皮が固くなっていると、うまく緩むことができず、それが頭痛として感じられることがあるそうです。

もともと片頭痛を持っている女性が、生理のときに片頭痛を感じることも多いようです。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)は、生理周期で大きく変動します。特に血中のエストロゲンの分泌が急に減少すると、セロトニンという脳内物質が急激に減って血管が拡張し、ズキンズキンとした片頭痛が起こるとされています。

女性の片頭痛は女性ホルモンに影響されやすいため、生理の1日目前後に起こること多くあります。女性の片頭痛が起こる年齢も、所長年齢である11~13歳となっています。また、女性ホルモンが大きく変動する更年期には頭痛を感じる人が増えます。反対に、エストロゲンの変動の少ない妊娠中には片頭痛は少なくなり、閉経後は片頭痛が治まる人も多いそうです。

生理周期の中でエストロゲンの分泌量が大きく減少するのは排卵時と月経時なので、生理中だけでなく、排卵日にも片頭痛の症状が起こる人がいます。

片頭痛には通常の鎮痛剤は効きにくいので、片頭痛のある人は生理前に病院でトリプタン製剤を処方してもらったり、カルシウム拮抗剤を予防として服用すると効果的なようです。

現在は、仕事や人間関係で強いストレスを感じている女性も多いのですが、ストレス自体が緊張状態を作って頭痛を引き起こしたり、ストレスによって生理周期が乱れることで「いつ生理のための頭痛が起こるかわからない」という不安からさらに症状が強くなってしまうこともあります。

特に生理前や生理中は自分に合ったリラックス方法を見つけ、睡眠を十分にとる、などをこころがけるようにしましょう。


吐き気

月経時に、下腹部痛などの生理痛だけではなく、吐き気がする、という人もいます。

経血量が多く、冷や汗が出るほどの痛みで吐き気がする。それもだんだん、ひどくなっていくようだ、という場合は、やはり、一度婦人科を受診することをお勧めします。

月経で、経血を子宮から排出するために分泌されるプロスタグランディンは、子宮だけではなく全身の血管と筋肉に作用します。そのため、胃腸の血流も悪くなり、消化が滞り、胃そのものも収縮するために、吐き気を感じやすくなります。大腸も収縮するために、吐き気だけではなく、下痢をする人もいます。
生理時に吐き気や下痢がある、という人は、生理痛も強いということが多いのです。

プロスタグランディンは、炎症があると産生が促されるため、強い生理痛があると経血の排出に本来必要である以上のホルモンが分泌され、胃や腸が収縮し、吐き気を感じたり、おなかを下したりするほどになる、ということです。そして、痛みや吐き気、下痢が刺激となって、またプロスタグランディンが分泌される、という仕組みです。

また、生理の直前には、それまで分泌されていた女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が急激に減少します。ホルモンバランスが大きく変動するために、自律神経のバランスが乱れるなどの影響が出て、めまいや吐き気を感じる、ということもあるようです。

月経時に吐き気を感じる人は、もともと胃腸が弱い、ということが多いようです。

漢方薬などの東洋医学では、生理のときに吐き気を感じる人には、

①造血に関係する脾の機能が低下していて、血が巡りにくく、生理トラブル、胃腸トラブルが起こりやすくなっているタイプと
②貧血のために生理中にめまいを感じたり、胃がからっぽになると気持ちが悪くなる、というタイプがあります。

普段から気をつけられることとしては、冷えや血行不良を起こさないようにすること、特に生理の前には胃腸を刺激するコーヒーや刺激物(辛いものなど)を控えることがあります。

自分に合った漢方薬で、体質を改善していくのもよいでしょう。吐き気は、「また気持ちが悪くなるのでは?」という予期不安も大きく影響しますので、これらの対処をとった上で、最初のうちは、生理の前日などに鎮痛剤を飲んで、強い痛みが起きないようにして、生理期間を乗り切る、という方法もよいでしょう。

生理不順

生理痛で悩んでいる方は、生理周期の不順を伴っていることもよくあります。

生理不順は、と言われるのは生理の周期、経血の量に異常が見られることです。

正常の場合、月経期間は3~7日間程度、前の月経の開始から次の月経開始日までの期間は25~35日位です。

生理周期は常に一定の人もいれば、多少日にちがずれる人もいますが、範囲内であれば心配はありません。

生理周期をコントロールしている視床下部や脳下垂体はストレスの影響を受けやすいデリケートな器官です。転職、転居、体重の急激な増減など、体内・外の環境変化によって、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを乱し、女性ホルモンの分泌にも影響が出て、生理周期が乱れることがあります。
女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンは、生理周期に合わせて分泌量が変化していきます。

生理周期における正常な女性ホルモンの分泌(エストロゲンとプロゲステロン)の状態とは、以下のようなものです。

・月経後、排卵前にはエストロゲンが徐々に増量しピークを迎えた後に一度減少する
・排卵後、エストロゲンとともにプロゲステロンが増量する
・生理前になるとエストロゲンとプロゲステロンの両方が急激に減少している

このように変化していくことが、女性ホルモンのバランス、となります。

ストレスなどで、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量に異常が起きると、生理周期に乱れが生じます。

周期が24日以内で1か月の間に2回以上の月経があることを頻発月経、周期が39日以上で1年に数回しか月経がない稀発月経といいます。

また、月経時の出血持続期間が2日程度で出血量も少ない場合は過少月経です。反対に7日以上継続して出血が見られる場合は経血量が過多であることが多く、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因であることもあります。

その他、生理不順には、月経があっても排卵が確認できない無排卵月経や、妊娠の可能性がないのに月経がストップしている続発性無月経もあります。

生理周期が乱れている場合は、基礎体温表をつけて、まず、排卵があるかどうかを確認しましょう。基礎体温表に排卵日が見られない場合、排卵がない状態で、そのまま放っておくと子宮が萎縮するなど、将来的に不妊症につながったり、20代・30代でも更年期障害のような症状が起こったりことがありますので、早めに婦人科に相談しましょう。

貧血

女性の貧血のほとんどは、鉄欠乏性貧血です。

生理による出血が、女性の貧血の原因となっているケースもあります。

鉄分は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの材料となります。

体に必要な鉄分のうち、約70%は、赤血球、筋肉になどに蓄えられているいますが、女性は男性と比べて筋肉の量が少なく、その分、体に蓄えられる鉄分の量も少ないのです。それに加えて毎月の生理で出血するために、男性よりもさらに貧血になりやすい、といえます。また、若い女性の場合はダイエットで偏食・栄養不足となって鉄分が不足することもあります。

貧血の症状は、皮膚の蒼白(血の気がない)

動悸、息切れ、頭痛、めまいなどですが、
さらに貧血の状態が進むと、食欲不振、吐き気、発熱、呼吸困難に至ります。

血液の中で、ヘモグロビンは、酸素と結びついて体のすみずみまで酸素を届ける役割がありますので、貧血になると、十分に酸素が行き渡らなくなること、これらの症状が起こるのです。

貧血の予防、対処には鉄分を十分に摂取する必要があります。

食事から鉄分をとる場合に注意しなくてはならないのは、鉄分は「多く含まれる食品」を食べるだけではなく、吸収率が大切だということです。

ほうれん草などの緑黄色野菜・ひじきなどの海草に含まれる非ヘム鉄は動物性食品(レバーなど)に含まれるヘム鉄に比べて吸収率が悪いのですが、ビタミンCを一緒に摂ると吸収率がアップします。

鉄の鍋やフライパンで調理するのも効果的です。

女性の場合、普段は1日あたり10mg、経血で鉄分が失われる生理の前後にはさらに3~5mgくらいの鉄分が必要とされています。

貧血の症状が強く出ている場合は病院で鉄剤を処方してもらったり、生理の経血量が明らかに過多(正常な経血量は多い日でもナプキンを2時間おきに取り替える程度です)である場合は子宮筋腫などの病気が原因となっていないかを婦人科で調べてもらいましょう。

ところで、貧血、というと、長時間立っているときの立ちくらみ=起立性貧血がすぐにイメージされますが、起立性貧血と貧血とは違います。

起立性貧血は、自律神経の乱れによって、血圧が低下し、一時的に脳に血液が十分に行き渡らなくなる状態です。生理のときには、ホルモンの急激な変化で自律神経の働きが乱れて、起立性貧血を起こしやすくなることもあります。

立ちくらみしやすい人は、長時間のたち仕事などの場合、両足を交差して腿同士を前後から押し付けるようにすると、血液が足もとのほうに下がりすぎるのを防ぐことができます。

ページトップへ↑