頭痛

頭痛

TOPページ 生理時に起こりやすい症状と対策 > 頭痛

 

頭痛

生理前や生理中に頭痛を感じる、という女性も多いですよね。

生理時の頭痛にはいくつかの原因が考えられます。

まず一つは子宮を収縮して経血の排出を促すプロスラグランディンによるものです。プロスタグランディンは子宮だけではなく、全身の筋肉や血管に作用しますので、頭部の血管が収縮し、痛みとして感じられるというものです。

また、最近は「骨盤ダイエット」などの流行で、生理周期に伴って骨盤の結合が緩んだり締まったりすることも知られてきていますが、骨盤の開閉に連動して、頭骸骨結合もゆるんだり、しまったりしています。月経時には骨盤とともに頭蓋骨の結合も緩むのですが、ストレスや緊張で頭皮が固くなっていると、うまく緩むことができず、それが頭痛として感じられることがあるそうです。

もともと片頭痛を持っている女性が、生理のときに片頭痛を感じることも多いようです。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)は、生理周期で大きく変動します。特に血中のエストロゲンの分泌が急に減少すると、セロトニンという脳内物質が急激に減って血管が拡張し、ズキンズキンとした片頭痛が起こるとされています。

女性の片頭痛は女性ホルモンに影響されやすいため、生理の1日目前後に起こること多くあります。女性の片頭痛が起こる年齢も、所長年齢である11~13歳となっています。また、女性ホルモンが大きく変動する更年期には頭痛を感じる人が増えます。反対に、エストロゲンの変動の少ない妊娠中には片頭痛は少なくなり、閉経後は片頭痛が治まる人も多いそうです。

生理周期の中でエストロゲンの分泌量が大きく減少するのは排卵時と月経時なので、生理中だけでなく、排卵日にも片頭痛の症状が起こる人がいます。

片頭痛には通常の鎮痛剤は効きにくいので、片頭痛のある人は生理前に病院でトリプタン製剤を処方してもらったり、カルシウム拮抗剤を予防として服用すると効果的なようです。

現在は、仕事や人間関係で強いストレスを感じている女性も多いのですが、ストレス自体が緊張状態を作って頭痛を引き起こしたり、ストレスによって生理周期が乱れることで「いつ生理のための頭痛が起こるかわからない」という不安からさらに症状が強くなってしまうこともあります。

特に生理前や生理中は自分に合ったリラックス方法を見つけ、睡眠を十分にとる、などをこころがけるようにしましょう。




ページトップへ↑