貧血

貧血

TOPページ 生理時に起こりやすい症状と対策 > 貧血

 

貧血

女性の貧血のほとんどは、鉄欠乏性貧血です。

生理による出血が、女性の貧血の原因となっているケースもあります。

鉄分は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの材料となります。

体に必要な鉄分のうち、約70%は、赤血球、筋肉になどに蓄えられているいますが、女性は男性と比べて筋肉の量が少なく、その分、体に蓄えられる鉄分の量も少ないのです。それに加えて毎月の生理で出血するために、男性よりもさらに貧血になりやすい、といえます。また、若い女性の場合はダイエットで偏食・栄養不足となって鉄分が不足することもあります。

貧血の症状は、皮膚の蒼白(血の気がない)

動悸、息切れ、頭痛、めまいなどですが、
さらに貧血の状態が進むと、食欲不振、吐き気、発熱、呼吸困難に至ります。

血液の中で、ヘモグロビンは、酸素と結びついて体のすみずみまで酸素を届ける役割がありますので、貧血になると、十分に酸素が行き渡らなくなること、これらの症状が起こるのです。

貧血の予防、対処には鉄分を十分に摂取する必要があります。

食事から鉄分をとる場合に注意しなくてはならないのは、鉄分は「多く含まれる食品」を食べるだけではなく、吸収率が大切だということです。

ほうれん草などの緑黄色野菜・ひじきなどの海草に含まれる非ヘム鉄は動物性食品(レバーなど)に含まれるヘム鉄に比べて吸収率が悪いのですが、ビタミンCを一緒に摂ると吸収率がアップします。

鉄の鍋やフライパンで調理するのも効果的です。

女性の場合、普段は1日あたり10mg、経血で鉄分が失われる生理の前後にはさらに3~5mgくらいの鉄分が必要とされています。

貧血の症状が強く出ている場合は病院で鉄剤を処方してもらったり、生理の経血量が明らかに過多(正常な経血量は多い日でもナプキンを2時間おきに取り替える程度です)である場合は子宮筋腫などの病気が原因となっていないかを婦人科で調べてもらいましょう。

ところで、貧血、というと、長時間立っているときの立ちくらみ=起立性貧血がすぐにイメージされますが、起立性貧血と貧血とは違います。

起立性貧血は、自律神経の乱れによって、血圧が低下し、一時的に脳に血液が十分に行き渡らなくなる状態です。生理のときには、ホルモンの急激な変化で自律神経の働きが乱れて、起立性貧血を起こしやすくなることもあります。

立ちくらみしやすい人は、長時間のたち仕事などの場合、両足を交差して腿同士を前後から押し付けるようにすると、血液が足もとのほうに下がりすぎるのを防ぐことができます。



ページトップへ↑