生理周期について

生理周期について

TOPページ 生理の基礎知識 > 生理周期について

 

生理周期について

月経周期の正しい数え方を知っていますか?

前の月経が終わった日から数えるのは間違いです。

正しくは、前回の月経が始まった日を1日目とし、次の月経が始まるまでの日数を数えます。月経周期(生理周期)は通常28日といわれますが、目安としては25日~38日の間であれば、正常範囲です。中には、毎回生理周期の日数が違う、という人もいます。

生理の周期をコントロールしている大脳の視床下部・下垂体は、ストレスの影響を受けやすいデリケートな部分なので、ハードワークや転居などの環境の変化によって、ホルモンの分泌の状態が変わり、一時的に生理周期が乱れることもあります。月経開始の日がいつもより前後にずれることがあっても、差が1週間程度であれば心配がありません。

一方で、いつも周期が24日以内で1か月の間に2回以上の月経がある頻発月経、周期が39日以上で1年に数回しか月経がない稀発月経の場合、注意が必要です。

月経があっても排卵が確認できない無排卵月経や、妊娠の可能性がないのに月経がストップしている(続発性無月経)場合は、そのまま放っておくと将来的に不妊症につながったり、20代・30代でも更年期障害のような症状が起きることがあります。

無排卵月経や、続発性無月経である場合、排卵がない、ということは、主に卵胞から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)の量が過少である、ということなので、美容上もマイナスの影響がありますし、女性の場合は、エストロゲンがカルシウムの代謝も担っていますので、骨量にも影響します。

排卵しなければ黄体もできませんので、主に排卵後の黄体から分泌されるプロゲステロンも過少となります。

月経そのものの日数が長く経血量が多い場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人系の病気である場合もあります。

生理周期に異常が見られた場合、婦人科での治療は、エストロゲン、プロゲステロンを仮想の生理周期に合わせて約2週間づつ服用することが多いようです。また、場合によっては、脳下垂体の働き自体が低くなって生理周期に関係するホルモン以外にも分泌が乱れていないか、血液検査を行います。
ちなみに、女性ホルモン剤を服用している期間中は、乳がんに罹患する可能性が多少なりとも高くなるので半年に1回、乳がんの検査を行います。

生理不順は「体質」と軽く考えがちですが、女性の健康のバロメーターです。おかしいな、と思ったら、まず、基礎体温をつけましょう。婦人科にかかる場合も、1ヶ月分以上の基礎体温表があると話がスムーズです。

基礎体温表が二相性になり、高温期から低温期に切り替わるときにガクッと低温になる排卵が確認できれば心配はありませんが、排卵日が確認できない場合には、早めに婦人科に相談しましょう。




ページトップへ↑