生理用品の選び方

生理用品の選び方

TOPページ 生理の基礎知識 > 生理用品の選び方

 

生理用品の選び方

生理用品には、大きく分けて、ナプキンとタンポンがあり、人によって好みやライフスタイルなどで使い分けているかと思います。

生理の量が多いな、という方や、仕事の関係で都合のよいときにトイレに立つことが難しい方の中には、ナプキンとタンポンをダブルで使っている方もいます。

最近、生理痛などの月経トラブルに悩んでいる女性の間で、布ナプキンが話題になっています。以前は、一部の自然食やエコロジーに関心がある人の間で使われていて、取りあつかいも自然食品店やオーガニックコットンを販売するお店だけだったのですが、このごろでは大手の通販会社でもオリジナルの布ナプキンを開発・販売するようになりました。

布ナプキンというのは文字通り、布でできた生理用ナプキンのことで、布製ですから使い捨てにはせず、洗濯して何度も使用します。

赤ちゃんの紙おむつと布おむつの違いみたいなものですね。

実際に、布ナプキンを使っている女性たちから、「かぶれない」「ムレない」など使用感がよい、という他に「生理痛が軽くなった」「月経周期が整った」という声があるのです。使ってみると、確かにある程度経血が出た後でも冷たくならずに温かい感じがします。

通常のナプキンやタンポンの漂白などに使われている化学物質(漂白剤など)に反応しやすい人にとっては、オーガニックコットンの布ナプキンはそのような肌ストレスの解消法にはなると思います。

布ナプキン未経験の方には、使用済みのものを持ち歩くことや、洗濯、また特に夜など経血が漏れないか、ということについての不安があると思います。今は持ち歩きのためのポーチ、ずれ止めのスナップ付のナプキンなどもあり、洗濯は重曹を使ってつけおきすると思ったより簡単にきれいになります。

色柄ものを選べば多少の汚れの残りはあまり気になりません。ただ、布ナプキンで生理痛が軽減、というのは、生理痛の解消法としてはっきり確認されている方法ではないので、個人差がありますし、毎月痛みや経血の量が増えていくというような場合は器質的な問題がないか、婦人科を受診する必要があります。自分にとって快適で生理痛も軽くなればラッキー、というくらいの気持ちで使ってみるのがよいのではないでしょうか。

敏感肌で、かぶれが気になるけれど、ライフスタイルやスポーツなど、使い捨てナプキン、またはタンポンがどうしても必要、という場合、オーガニックコットン製で無漂白のナプキン・タンポンも、通販などで入手することができます。

自分に合った生理用品を選び、少しでも快適に生理期間を過ごしたいですね。

ページトップへ↑