生理と妊娠の関係

生理と妊娠の関係

TOPページ 生理と妊娠について > 生理と妊娠の関係

 

生理と妊娠の関係

女性の体は、約28日周期で、脳の視床下部・下垂体、卵巣・子宮が共同して妊娠の成立に供えて準備をしています。これが、生理周期で、妊娠が成立せず不要となった子宮内膜が経血として体の外に排出されるのが月経です。

月経後、視床下部からの指令で、脳下垂体に卵胞刺激ホルモンを分泌すると、卵巣内の原始卵胞の中から一つが発育し始めます。卵胞が成熟するにつれ、女性ホルモン(エストロゲン)を分泌量が増えていきます。

エストロゲンにより、前の月経で一度はがれた子宮内膜は妊娠に適した状態になるように厚みをましていきます。

月経後から約2週間、血液中のエストロゲンの量がピークになると、脳下垂体から黄体化ホルモンが分泌されます。黄体化ホルモンが一定量分泌されると、卵胞から卵子が飛び出して排卵が起こります。排卵日には基礎体温が大きく下がるほか、おりものが卵白状になり粘度が増します。卵子は卵管采から取り込まれて卵管を移動し、精子が来るのを待ちます。

卵子が飛び出した後の卵胞は黄体に変化し、黄体ホルモンを分泌します。黄体ホルモンの働きによって、子宮内膜はさらに受精卵の着床に適した状態に変化していきます。

排卵から7~10日で受精卵が子宮内に着床(妊娠成立)しなければ、黄体は白体となってしぼみ、黄体ホルモンの分泌量は急激に減少して、子宮内膜ははがれて月経として排出されます。

逆に、妊娠が成立すれば、黄体は妊娠黄体となってホルモンを分泌し続け、妊娠状態を維持します。基礎体温で見ると排卵後の高温相が続きます。

妊娠期間中は月経はもちろんありませんが、出産後、月経はいつから再開するのでしょうか。出産後は母乳を分泌するホルモンプロラクティンに排卵を抑制する作用があるため、母乳育児をしている人は出産後、5~6ヶ月月経が再開しないことが多いようです。ただし、出産後の月経再開時は個人差があります。

また、月経がなくても排卵が起きていることもあります。

よく出産すると生理痛が軽くなる、といいますが、これは出産によって子宮頚部が一度大きく開くため、出産後は経血が排出されやすくなることが多いためです。

月経は、妊娠のための準備ではありますが、近い将来に妊娠・出産の予定がなくても、女性の体と心の健康に大きく関係しています。とくに今までと比べて量が経血が増えた、痛みが強くなった、などの変化には注意しましょう。

妊娠検査の仕方

月経開始予定日なのに、生理が来ない。

いつも規則正しく生理がある人で、妊娠の可能性が考えられる場合は、妊娠、という可能性がありますよね。

妊娠したどうかを判定する簡単な方法は、市販の妊娠検査薬を使うものです。

妊娠検査薬の多くは、キャップをはずして尿をかけ1分程度待つ、という簡単な使い方ですが、直接尿をかけるとうまくいかないこともあるので、紙コップなどに尿を採り、検査薬の先端を浸すようにすると確実です。

妊娠検査薬で妊娠がわかる仕組みは、妊娠すると分泌される妊娠ホルモン(hCG)が尿の中に出ているかどうかを試薬でチェックするものです。

妊娠検査薬によるチェックは、月経予定日の1週間後くらいから行うことができます。適当な時期に、正しい使用方法で使えば妊娠検査薬の判定結果は90%以上の精度といわれますが、もともと生理不順の方などは、いつ妊娠検査薬を使うのか、迷うかもしれません。

そのような場合や、また、妊娠検査薬では正常妊娠なのか子宮外妊娠などの異常妊娠なのかまでは分かりませんので、市販の妊娠検査薬で陽性(妊娠している)という結果が出た場合は、できるだけ早く産婦人科による妊娠の検査をしましょう。

産婦人科での主な妊娠検査は、問診、尿の中に妊娠ホルモンが出ているかどうかの尿の検査と、超音波による経膣超音波検査になります。

問診では、今までの妊娠経験の有無や、普段の生理の状態、最終月経日、服薬の有無などを聞かれます。

尿の検査は、市販の妊娠検査薬によるものとほとんど同じです。

超音波による妊娠検査は、経膣グローブと呼ばれる棒状の器具を膣の中に入れて検査します。超音波検査によって胎児心拍や胎嚢の確認をします。

それまで婦人科を受診する機会があまりなかった方は、内診台や経膣グローブによる検査に緊張するかもしれません。産婦人科で妊娠検査を受ける場合は、服装は下着を脱ぎ着しやすいように、長めのフレアースカートがベストです。うっかりジーンズで行ってしまっても、内診で着替えるときには腰の周りに巻くタオルなどを貸してくれるところが多いのですが、余計な緊張はしないほうがいいですよね。

また基礎体温をつけている場合は基礎体温表も持って行きます。

最近の産婦人科は女性のメンタルな面にもいろいろと配慮していますので、あまり怖がらずに受診しましょう。妊娠検査のときだけではなく、普段から女性の体のことをいろいろと相談できるかかりつけの婦人科を持っておくのがベストですね。



ページトップへ↑