PMSとは

PMSとは

TOPページ PMSの基礎知識 > PMSとは

 

PMSとは

生理痛(月経困難症)に加え、PMSで悩む女性が数年前に比べて増えているといいます。

PMS(premestrual syndrome )は、月経前緊張症または月経前症候群と呼ばれ、生理前3~10日くらいに現れ、生理の開始とともに消えるさまざまな症状です。

しかし、PMSの症状は必ずしも生理の開始とともに消えるパターンばかりではなく、生理開始後しばらくしてから消える人、生理期間中も不快な症状が継続する人もあり、「PMSと生理痛などの月経困難症の両方がある」と自覚している人もいます。

PMSは症状からは特定ができないほど、さまざまな症状が現れます。

例えば、腹痛、頭痛、乳房痛など生理痛にも共通するような痛みの症状、吐き気、下痢、便秘など胃腸の症状、イライラ、うつ、反対にハイテンションになったりといった精神症状があります。

ただ、多くに人に共通して現れやすい症状は、乳房・下半身のむくみ、偏頭痛などの頭痛とうつ、落ち込み、無気力などの精神症状です。

PMSの症状は多岐にわたりますが、いずれの症状の場合も、その人にとっては毎回、おなじ周期で同じ症状が繰り返されることがほとんどです。

PMSの原因は特定されていませんが、一番の原因は、ホルモンバランスだろう、とされ、治療法も様々です。ピルがよく効くことも、ホルモンバランスが原因であることの裏付けになります。ホルモンが大きな原因であるとすれば、ひとそれぞれホルモンの分泌量や複数の女性ホルモンのバランス、ホルモンの変化の経緯に違いがあり、全身への影響も異なってきますので、さまざなま症状が現れることが考えられます。

PMSは生理開始とともに症状が消えることが多いため、「この期間を我慢すればいい」という消極的な対応がとられてきた経緯もあります。

しかし、欧米ではPMSを「30代中期症候群」ともいうほど、30代の仕事にも子育てにももっとも忙しい女性に多く見られる症状です。社会生活や家庭生活を円滑に営むためにも、適切な対応でPMS症状を軽減することが大切です

PMSの原因

PMSの症状が現れる原因とメカニズムは、はっきりとしたことは分かっていません。
指摘されているのは、

・排卵後、黄体期に黄体ホルモンの分泌量が増加すること自体が水分滞留(むくみ)を引き起こし、さまざまな身体症状の原因となる

・黄体期に、黄体ホルモンの分泌量が不足したり、卵胞ホルモンが過剰に分泌されるなど、内分泌ホルモンのバランスが崩れることがある

・生理直前になると卵胞ホルモン・黄体ホルモンともに急激に分泌量が減少することで自律神経の働きが乱れやすくなる

・PMS症状のある人では神経伝達物質であるセロトニンの分泌量・活性の低下が見られること。セロトニンが不足すると、抑うつや無気力などの精神症状が現れたり、強い緊張・。不安からイライラしたり攻撃的になったりする。

・PMSで不眠症状のある人では睡眠誘導物質メラトニンの分泌量低下が見られる。不眠のためにイライラ・無気力などの精神症状がさらに強くなる

・生理前には血糖値の下限のレベルが上がり、通常時よりも短い時間で空腹感を感じやすくなる。血糖値が下がった、という信号が出ると、アドレナリンが分泌され、緊張感やイライラを感じ、PMSの精神症状に結びつく

などですが、ホルモンや神経伝達物質の分泌量、バランスとその影響は個人によって現れ方の差が大きいのです。

また、PMSは30代の女性に特に症状が出ることが多いことから、女性の社会進出、育児ストレスなどの社会的・環境上の要因も原因として考えられています。

黄体期に黄体ホルモンの分泌量が増えることは生理周期上正常な体の反応です。

黄体ホルモンには体温を上げたり体内に水分貯留作用があるため、ほてりやむくみを感じることは、生理のある女性にはだれにでも起こりうることです。生理前には血液の量も増え、乳房の組織も増殖するために、下腹部や腰まわり、乳房の張りも起こりやすくなります。

しかし、そういったことがつらい症状に結びつくのは、ホルモンの働きだけではなく、ストレスや食生活、運動不測などの環境要因も影響していると考えられます。

PMSの症状

PMS(月経前症候群)の症状には、人それぞれさまざまなものがあります。

身体的な症状で現れやすいのは、下腹痛、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、乳房のはり、冷え、下痢・便秘など、生理痛(月経困難症)と共通するような症状です。胃腸の症状ではPMSでは食欲が増し特に甘いものが無性に食べたくなるという人が多いのですが、逆に食欲が減退する人もあります。さらに、むくみ、にきび、肌荒れ、疲れやすい、眠くなる、などの症状も起こります。

精神的な症状では、イライラする、怒りっぽくなる、ゆううつ、無気力、涙もろくなる、不安感、性欲亢進または減退などがよく見られる症状です。

PMSで体に現れる症状の多くは、「むくみ」がベースになっています。

むくみ、というと足首や太ももなど下半身に現れるものがすぐに想像されるかもしれません。実際PMSでも腰や足が重だるい感じがしたり、太ももの裏側がしびれたり突っ張ったり、という人が多いのです。また、乳房の張りもむくみによるものです。その他にも、むくみは全身に現れる症状なので、たとえばPMSによる便秘は、腸壁がむくんでしまって腸の動きが悪くなるために起こると考えられます。

PMSの症状は多岐に渡ります。また、PMSの症状は生理前3日~10日前に現れ、生理の開始とともに消えていくことが多いのですが、その症状の現れ方や程度も人によって違っているために、中にはPMSである、という自覚がない人もいます。イライラして、つい、家族や同僚など周囲の人に当たってしまい、後で自己嫌悪になるようなこともあります。

不快な症状が生理の前に周期的に現れているのであればそれはPMSかもしれません。基礎体温表をつけて生理周期と不快な症状が関係しているかをチェックしてみましょう。

PMSであることを自覚するだけでも、
むくみやすくなるからお風呂にゆっくり入ってストレッチをしてから寝よう、
「すこしイライラしやすくなっていてごめんね」と家族に言っておく、仕事上の大事な約束や決断はPMSの期間中にはできるだけ入らないようにする、
など対策が取りやすくなります。

PMSの治療

PMSはさまざまな身体症状・精神症状が複合的に現れ、そのメカニズムがはっきりしていないために、医師の診察を受けても、残念ながら効果的な治療法というのはなかなかありません。症状が重くつらい場合には、主に、症状を緩和する対症療法がとられることになります。

まず、PMS症状の多くが、黄体期に分泌される黄体ホルモンの影響によるものであることから、排卵を人為的に止め、黄体ホルモンの分泌を抑制する低容量ホルモンを服用するという方法があります。低用量ピルはPMSに加えて、生理痛がある場合にも症状を軽減する効果があり、比較的副作用が少ないと言われています。妊娠を希望する場合には、低用量ピルの服用を中止すればその後の妊娠には問題がありません。

抑うつ・イライラなど精神症状が重い場合には、緊張を和らげるベンゾジアゼピン系の精神安定剤や、セロトニンの吸収を妨げて作用を強化するうつ病の薬を用います。

また、西洋医学でははっきりした原因が解明されていないPMSでは、漢方薬で治療の改善をはかることもよくあります。PMSによく用いられる漢方薬は、生理痛の緩和にも使用される当帰芍薬散や、むくみをとる五苓散、神経の興奮を鎮める加味逍遥散などです。漢方薬は効果が出るまでにある程度の期間がかかりますが、体質に合った漢方薬を使えば症状が大きく改善されることの多い方法です。

最近では、PMSの原因として鉄欠乏症や機能性低血糖症など、微量栄養素の不足・栄養代謝の低下を原因と考え、サプリメントを処方する、という治療法も用いられるようになって来ました。ただ、サプリメントによる分子栄養学療法は自由診療である場合がほとんどなので、継続して治療を受けられるかどうか、経済的な要素も含めて検討しましょう。

PMSは、生理周期の中で黄体ホルモンの働きが過剰につらい症状として現れてしまうもので、その要因として、運動不足や冷えなどのうっ血しやすいからだの状態、不規則な食事・喫煙、コーヒーの飲みすぎなどの生活習慣が考えられます。医師・服薬による治療の他、うっ血や栄養状態を改善するような生活習慣からのアプローチも必要です。PMSの感じ方にはストレスも大きく影響するので、入浴などでリラックスする方法も習慣付けたいものです。

年齢によるPMS症状の違い

PMSは30代中期症候群と言われたり、過去には30代不機嫌症候群と呼ばれたりしていたことから分かるように、30代で出産経験のある人に多く見られる傾向があります。

20代でPMSの症状がある人もいますが、下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房の張りといった身体的な症状が主となり、イライラを訴える人もいます。

それに対して30代女性では、20代で見られた身体的なPMSの症状に加えて、20代ではあまり感じられなかった、むくみ、頭重感、食欲増加、攻撃的になる、一人でいたい、などの訴えられる症状の種類が増え、どちらかというと精神的・社会的な症状が目立つようになります。30代は育児、仕事などもっとも忙しい生活を送っている年代であり、健康管理への関心が高くなることでPMSの症状が現れやすくなっているとも言われています。

また、出産経験の有無によってもPMSの症状に違いが見られます。

出産経験のない人では、下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房が張ったり痛んだりするといった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人では、アレルギー、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる(同僚にあたってしまう、家族に暴言を吐くなど)、抑うつ感、無気力など、精神的・社会的な症状が多くなります。

20代や出産経験のない人にPMSとして下腹部痛が多く見られ、30代・出産経験のある人で下腹部痛の訴えが減るのは、生理痛と同じように、子宮や卵巣の成熟度の関係であったり、出産によって子宮口や腹壁組織の柔軟性が増したりすることが理由として考えられます。

ただし、最近では30代ばかりでなく、PMSがある、という20代女性が増える傾向にあり、10代でもPMSを訴えるなど、低年齢化してきています。原因のひとつには女性の喫煙や飲酒などのライフスタイル、食生活や社会環境の変化が揚げられます。また、PMSという言葉・知識が広く浸透してきて、今まで何が原因なのか、よく分からなかった不快症状に生理周期を当てはめて、PMSである、と自覚する人が若い世代にも増えていることもあるかもしれません。



ページトップへ↑