タイミングダイエットとは

タイミングダイエットとは

TOPページ > > タイミングダイエットとは

 

タイミングダイエットとは

タイミングダイエットとは、エストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンの働きで周期的に変化する女性の体の状態を味方につけて、楽にダイエットをする方法です。

生理前になると体重が増える、という経験は、多くの女性が実感していることではないかと思います。おまけに、生理前は便秘がちになったり、甘いものがやたらと食べたくなったり、だるくて運動もしたくなかったり・・・生理前に太ってしまう、と焦ってダイエットをしようとしている人もいるのではないでしょうか。

生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで体重が増えやすくなっているので、無理に体重を減らそうとしてもストレスがたまるばかりで逆効果です。また、PMSの症状があったり、PMSとまではいかなくてもイライラしやすい時期でもあり、生理前はダイエットには適しません。「体重が少しくらい増えてしまって当然の時期なのよ」とゆったり構えているくらいでちょうどいいのです。

生理周期ダイエットでは、生理が終わり生理前の体重に戻った日を痩せるチャンスの日、としています。生理前に体重が増えても「またすぐに痩せられるチャンスがある!」と分かっているので気が楽ですね。この日から1、2日主食調整を行い、主食調整の結果1kg減ったら体重を維持するために体操をします。体操した後2、3日は、筋肉が緊張して少し体重が増える傾向がありますが、さらに2、3日たつと体操する前の体重に戻ります。

タイミングダイエットの食べ方のルールは、

食事はバランスよく、栄養が不足しないように十分に食べる。
食事を調整するのであって、減食はしない。
油もの、甘いものは昼間に、夜はたんぱく質を中心に摂る。
主食調整日は、2食続けて主食を摂らない
主食を調整して体重が1kg減らなければ、もう1日主食調整をしたり、朝食を抜いて1日2食にしたりする。
主食調整日に甘いものを食べたいときには、主食として食べる
といったもので、特に食べたいものを我慢する必要はありません。
主食調整日の後で行う体操は、体重が1kg減った日の朝、食事前 のいちばん空腹のときに行います。週に1回、10分程度でOKなので、毎日運動しなければいけない、というプレシャーもなく時間がない人でも実践できるのが、タイミングダイエットです。

ひとつだけ、やっておいたほうがいいのは「基礎体温表をつけること」です。タイミングダイエットは生理が終わって体重が戻った日にはじめ、7日を1サイクルとして考えるのですが、排卵日や次の生理の予定が分かっていたほうがより効果的です。

ページトップへ↑