生理周期と体型の変化

生理周期と体型の変化

TOPページ 生理周期とダイエット > 生理周期と体型の変化

 

生理周期と体型の変化

生理周期にあわせて、女性の体はホルモンの分泌、骨盤の開閉などに影響を受け、常に変化しています。体型も本当に太った、痩せたというのではなく、見た目がふっくらしたり、すっきりシャープに見えたりする時期があるのです。

前の生理から排卵日までは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きが優位になり、骨盤は徐々に閉まる方向に動いていきます。骨盤が閉まるピークは、排卵の直前です。この時期には、お尻はキュッと閉まって上がり、背中のカーブも反っています。肩甲骨が左右から寄せられるので、身幅が細く、脇がすっきりとして、バストアップして見えます。頭蓋骨も閉まっているので、顔の印象も小顔になります。

排卵日の後から生理にかけては女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になり、骨盤は徐々に開いていきます。もっとも開くのは生理の直前です。この時期は、お尻が左右に広がって見え、背中のカーブは少なく、全体に体が平面的な印象になります。生理前は妊娠に備えて体が準備をする時期なので胸は張りますが、肩甲骨が左右に開いているので胸も横に広がって見え、それに伴って身幅も広くなります。シャツやブラウスの脇が少しきつく感じる人もいるでしょう。

頭蓋骨の結合が緩んで、顔もぽわっとした感じになります。さらに、プロゲステロンには体温を上げたり、体内に水分を滞留させたりする働きがありますので、体や顔がむくむ傾向があります。実際に、生理が終わったときと比べて、体重で500g~1kg程度の差があります。生理前にこの程度の体重増があるのは、太っているのではなく、一時的な水分の滞留であることが多いので、あまり気にしないようにしましょう。もちろん、ストレッチや半身浴で循環をよくしてむくみによるだるさや、下肢のしびれ間を解消していくのはおすすめです。

また、人によって、閉じる方向に体が動くのが得意な人と、開く方向に体が動くのが得意、といったクセ、傾向があります。開く方向が得意で閉じるのが苦手な人は、ちょっとしたことでむくみやすかったり、太りやすかったりしますし、閉じる方向が得意で開くのが苦手な人は生理のときに骨盤が開きにくいために、生理痛になりやすかったりします。

ストレッチなどで股関節まわりを柔軟にしたり、開く傾向の時期にはリラックスすることを心がけたりして、体の変化がスムーズに起こるように、リズムを整えていくことが大切ですね。

7日で1kg減る仕組み

タイミングダイエットでは、7日を1サイクルとして1kgずつ体重を減らしていきます。では、タイミングダイエットで7日で1kg減るのはどのような仕組みなのでしょうか。

タイミングダイエットでは、体重が減ったところで主食調整をしたり、体操を行ったりするので、タイミングをうまく把握するために、体重も決まった時間に計るようにしてください。朝起きてトイレに行った後、すぐに計るのがおすすめです。

生理が終わった翌日、体重が生理前に戻ったところが最初のやせるタイミングです。その日は主食調整をして、連続2回の食事で主食を食べないようにします。これで翌日は体重が1kg程度減っているはずです。もし、減らなければさらに1、2日主食調整をします。体重が減ったらその日は朝ごはんを食べる前に、ヤセ日体操をします。

体操をした後は2、3日筋肉が刺激されたことによって、うっ血したような状態になり、体重が少し増えることがあります。さらに2、3日すると刺激から筋肉が回復して体重が体操前に戻ったら、再び主食調整をし、体重が1kg減ったらヤセ日体操をする、この繰り返しです。

主食調整で体重が減ったり、体操後に体重が戻ったりするためにかかる期間は人それぞれなので、平均すると7日間なのですが、5日で1kg減る人もいれば、10日で1kg減るサイクルになっている人もいます。

7日間を1サイクルとすると、生理周期が28日間であれば、3回、痩せるタイミングがあります。生理前と生理中は黄体ホルモンの働きで体重が減りにくくなっていますし、精神的にも不安定になりやすいので、主食調整も体操もお休みし、ゆったりした気分ですごすようにしてください。ダイエットのためではなく、むくみを解消したり、血行をよくするためのストレッチなどはおすすめです。

タイミングダイエットを行うには、基礎体温表をつけて排卵日や次の生理の予定開始日が分かったほうがいいのですが、生理が不順で次の生理がいつ始まるか、わからない、という人も、生理が終わって体重が元に戻ったら主食調整、体重が1kg減ったらヤセ日体操、というところからスタートして、体重の変化と基礎体温を記録していくようにすると、自分の体のリズムを把握することにもなります。

主食調整の食べ方

タイミングダイエットは、生理が始まる前の体重に戻った日を最初の主食調整日としてダイエットを開始します。その後、生理前・生理中を除いて、約7日ごとに主食調整を行います。主食調整日の食べ方は、基本は、「主食を2回の食事で連続して食べない」ということです。

主食とは、ご飯、パン、麺、などの炭水化物を指します。

また、脂質、糖質などエネルギーに変わりやすいものを昼、体を作るたんぱく質を夜に摂ることが望ましいので、主食調整日にはお昼にご飯やパン、麺類を食べるのが良いでしょう。主食調整の目的は、その次に行う、ヤセ日体操の効果を高めるために、体内のエネルギー源を減らすことにあります。

主食となるものは糖質を多く含み、糖質はエネルギー源となります。そのためにも、夜の主食を控えたほうが、翌日朝の体操の効果が上がります。

タイミングダイエットでは、甘いものを食べてはいけない、というルールはありませんが、主食調整日に甘いものを食べるのであれば、甘いものを主食として考えるようにします。甘いものも、主食も、中身は炭水化物だからです。

主食を2回連続して摂らない、という主食調整をする以外は、栄養が不足しないように、おかずを十分に食べるようにしてください。主食に含まれる炭水化物、またエネルギー源となりやすい脂肪を燃焼させるには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの他の栄養が必要です。とくに糖質を燃焼させるビタミンB群や、糖の代謝に使われるカルシウムが不足していると、ダイエットがうまく稲海だけではなく、健康にも影響がでてしまいます。食べる量全体を減らして体重が減ると、食事を元に戻したときにリバウンドしやすいので注意が必要です。

主食調整をしても、体重が1kg減らない場合は、生理前のやせにくくなっている時期ではないかどうかを基礎体温表や、次回生理予定日から確認します。

やせにくい時期ではないのであれば、さらにもう1日主食調整をします。また、タイミングダイエットでは食事の回数を減らすことは基本的には必要ではないのですが、体重がスムーズに減らない場合は、朝食を抜いて、ウォーキングなどの軽い運動をしてみましょう。

ヤセ日体操

ヤセ日体操とは、タイミングダイエットで、主食調整をして体重が1kg減った朝に行うタイミング体操のことです。タイミングダイエットの7日間のサイクルの中で体操をするのは1日だけ、時間も10分程度です。これなら、忙しい人でもできますね。

ヤセ日体操の目的は、主食調整で減った体重を維持することです。体操だけで体重を減らすものではないので、注意してください。そもそも、運動によるカロリー消費量というのは思った以上に少ないので、運動だけで体重を減らすのは難しいのです。

タイミングダイエットでは、主食調整では体内で余分になっている、糖質・脂質などのエネルギー源を使い切ります。その翌日に体操をすると、即、使うことができるエネルギー源が血液中にはないので、結果、皮下脂肪を燃やし、蓄積した脂肪を徐々に減らしていくことができるのです。また、運動をすることで筋肉がつき、全身の代謝が上がって脂肪がつきにくい体になっていきます。

 体操をする理想的な時間は、朝食の前。主食調整の次の日の朝、体重が減っていたら、そのまま朝ごはんを食べずに 空腹の状態で行います。

起きた直後は避けること。

ダイエット効果を上げるには体操前には何も食べないのがいいのですが、そのまま空腹状態では血糖値が低く代謝が揚がらないので、ヤセ日体操をした後に朝食か早めの昼食を食べるのがいいでしょう。 朝、どうしても体操ができない人は朝・昼は主食を抜き、夕食の前の空腹時に体操をします。

ヤセ日体操をするときには、細くしたい、と思う場所を意識して、息を吐きながら徐々に力を入れていきます。ふくらはぎを細くしたいのであれば、ふーっと息をはきながら爪先立ちになって、ここが限界と感じたところからさらに3cm上を目指し、頂点では2秒間静止します。その後、ゆっくり踵をおろしましょう。10回を目安に行いますが、最初は無理をしないで、徐々に回数を増やしていくようにします。タイミングダイエットのヤセ日体操は、どれもこのような短時間で簡単にできるものなので、細くしたい場所にあわせて数箇所の体操を行っても、10分程度しかかかりません。大切なのは行うタイミングです。

タイミングダイエットのポイント

タイミングダイエットは、少しの努力で痩せることできる日、がんばっても痩せにくい日を知って、自分の体のリズムに合わせて、無理なく行うダイエット法です。一般的な方法としては、生理周期にあわせて行いますが、生理不順の人も、生理が終わったタイミングや、体重が減ったタイミングではじめることができます。

無月経の人でも体重を記録していくと、何日かに1回、何もしていないのに体重がストン、と減る日があります。その日をヤセ日として、やせる目的のダイエットではなく、体のリズムを作り出す目的で主食調整と体操を実行して体のリズムを整えていくうちに、生理が回復した、というケースもあります。やせるためのダイエットをするのは、無月経の方なら生理が回復してから、出産後の女性は授乳が終わって生理が再開してから、など自分のリズムが戻ってから、と考えたほうがよいでしょう。健康な女性でも、生理の前と生理中は主食調整・ヤセ日体操はお休みします。そのほかの時期でも、疲れてむくみが出ているようなときには無理をしないで体重が戻ってからはじめるようにしましょう。

タイミングダイエットは、栄養を摂って体の機能を活性化し、余分なエネルギーを燃やしてやせる方法です。栄養を補給する、運動する、休息することを基本としていますので、主食の調整は行いますが、食べてはいけないものはありませんし、食事の量を減らす減食も行いません。運動も疲れてしまうような強度の高いものではありません。

ダイエットの目標を達成する前に、おつきあいなどで外食したり、つい食べ過ぎてしまったりすることもあるかもしれません。特に、生理の前には食欲が増進したり、甘いものが食べたくなったりする人が多いですよね。でも、少し食べ過ぎても、そのときに増える体重は1kg程度のはずです。タイミングダイエットでは再びヤセ日を利用してすぐに体重を落とすことできますので、絶対に外食をしてはいけない、というように我慢する必要はありません。

女性の自然な体のリズムに合わせ、不安やストレスがない方法として行うと、タイミングダイエットは成功しやすいでしょう。また、単に体重を落とすだけではなく、体のリズムを整える方法としてもタイミングダイエットを行うことができます。

ページトップへ↑