女性外来とは

女性外来とは

TOPページ 生理痛と女性外来 > 女性外来とは

 

女性外来とは

女性外来とは、女性医師と女性スタッフが診察や相談を担当する外来です。診療科目は特に限定せずに、女性特有の悩みや男性医師には相談しにくいことについて、女性医師が対応します。ですから、扱う症状の範囲としては、生理痛やPMSなどに関する婦人科だけではなく、泌尿器科(膀胱炎など)、乳腺外科(乳腺炎、乳がんなど)、肛門科(痔)など多岐にわたります。ただし、女性外来での診察や検査の結果、専門診療科の受診が必要となった場合には、専門診療科の医師は女性ではないことがあります。

また、乳がん・子宮がんの検診、婦人系全般の検診、更年期相談、性感染症の検査なども女性外来で対応しています。

生理痛(月経困難症)、生理不順、PMS(月経前症候群)などで悩んでいたり、子宮内膜症ではないか、と不安に思っていたりした場合、従来の専門外来では、産婦人科を受診することが多くなります。
しかし、産婦人科では、妊娠・出産を控えた妊産婦さんと同じ場所での診察になり、つらい症状を抱えている女性が違和感を感じることもあるのです。

特に若い女性は、女性特有の悩みは女性医師に相談したい、と希望する人が多い傾向があるようです。生理痛のつらさ、更年期の悩み、また性に関係することや性感染症の相談を、男性の医師には話しにくく、内診にも抵抗があるため、受診の機会を逃して症状が重くなってしまうことも多いようです。
総合病院では女性外来が診療科として開設されることが増えてきましたが、まだどの病院にも女性外来が設置されているわけではありません。

女性向け雑誌などでよく取り上げられているのは女性外来専門のクリニックです。院長が書籍を出版するなどよく知られているクリニックもあります。女性外来専門クリニックではカウンセリングを重視していたり、漢方やアロマテラピーを取り入れたりと、西洋医学以外の治療法を取り入れるところも多いようです。その他、医療モールなどで何軒かのクリニックが提携して女性外来を設けているところもあります。
女性外来では、ほとんどの場合、初診は完全予約制で診察にじっくり時間をかけています。生理痛の悩みなどは必ずしも病気が原因でないこともあり、しかし、本人の症状はつらく、専門医にゆっくり話を聞いてもらうだけでも精神的に落ち着くことができます。生理痛で悩んでいる方は、一度女性外来で相談をしてみるのもよい方法です。

女性外来に行く

女性外来とは、女性の体と心をトータルに診る、というコンセプトの外来です。

これまで、西洋医学の病院では、内科、外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神科、産婦人科などと、臓器別に細分化して、人の体をとらえていました。 

けれども、こういった臓器別の診察では、「なんだか調子が悪い。でも何科を受診したらいいかわからない」あるいは「病気ではないと診断されたが、症状がつらい」という声に応えることが難しいケースがあります。

たとえば、生理痛やPMSがそうです。

「生理痛が重くて、生理のたびに会社を休まなくてはならない」という症状に悩んだ場合、従来の診療科の区分では、産婦人科を受診することになるでしょう。

産婦人科ではまず、生理痛が器質的な原因によるもの=病気が原因となっていないか、いろいろな検査をします。子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因の生理痛であった場合は、適切な治療が必要となりますので、そのような検査は大切です。

しかし、子宮内膜症や子宮筋腫といった病名がつくような病気ではなかった場合、産婦人科での生理痛に対する処置は鎮痛剤を処方されるだけ、ということもあります。これでは、女性の生理痛に対する悩みはなかなか改善されません。

そこで、女性の体と心を全体でとらえ、心身の不調や症状を緩和する医療の必要性が高まってきています。病気を治療するだけでなく、つらい症状を解消させ、病気になる前に予防をすることも、これからの医療には求められています。

実際に、女性外来を受診する女性は、生理についての悩み(生理痛がひどい、生理不順、月経周期が短い・長い、経血量が多いなど)、更年期の症状、体がだるい、疲労感、不眠症、頭が重い、肩こりがひどい、偏頭痛、めまいがする、冷え性、おちこみやすい、顔がほてる、むくみやすい、朝起きるのがつらい、緊張しやすい、いらいらしやすい、食欲がない、胃の調子が悪い、便秘・下痢、声が出にくい、手足がしびれる、関節が痛い、動悸がする、風を引きやすい、尿が近い、尿モレ、体重を減らしたい、などの症状を相談しています。

病院やクリニックのHPなどに掲載されている女性外来についての説明では「女性特有の症状や悩みを対象とします」とだけ書かれていて具体的な診療項目がないために、逆に「これは女性特有の悩みといっていいのかしら?」と迷ってしまうかもしれませんが、女性が持っている健康上の悩みであれば、女性外来の対象となります。たとえば、偏頭痛や肩こりは男女ともにある症状ですが、女性の場合、その原因に女性ホルモンの変動が関係することもあるわけですから、まず女性外来に相談することで問題はありません。女性外来での相談・診察の結果、他の専門診療科での診断や検査が必要であれば、そちらを紹介されます。

クリニックの選び方

生理痛やPMSなど、女性特有の症状を抱えながら、どこで相談すればいいのか悩んでいる女性のために、女性特有の症状や病気などを総合的に診療する「女性外来」を開設する医療機関が増えています。女性外来では、時間を十分にとって、女性の悩みを聞いたうえで、適切な診療科目を紹介するなど、利用者からはおおむね好評だ。

ただし、地方自治体からの強力な要請によって女性外来を儲けたものの、十分なシステムが整っていなかったり、対応できるスタッフが不足していたりといった課題も少なくなく、せっかくの女性外来であっても、残念ながら期待されるようなレベルの医療サービスを受けられないケースもあるようです。

また、「女性外来」といっているものの中身には、
女性医師や女性スタッフが対応する、
初診は完全予約制で30分程度の時間をとって患者の相談にのる
というのは、どちらの女性外来でもおおむね共通しているようですが、
初診後の診察、治療に関して

・ 初診の結果、適切と思われる専門診療科への誘導を行うことを主にしている、いわゆる「振り分け窓口」としての女性外来であり、その後の継続的な診察などは女性外来自体では行わないタイプのもの
・ 女性専門外来の医師が、生理痛・PMSなどの相談から、ウツ、乳がんなど総合的に診察し、他の専門診療科での治療を行うにしても、継続的に見る、という本来的・本格的なもの

の2通りがあるようです。とにかく、女性医師に最初の相談をしたい、というだけで女性外来の診療を希望しているのであれば、どちらのタイプの女性外来でも良いでしょう。

しかし、特に生理痛やPMSでは症状が緩和されるまでに時間がかかることもあり、今後もいろいろな健康上の相談ができるかかりつけの医師として長く付き会っていくことを希望するのであれば、後者の、より本格的な女性外来を選ぶ必要があります。

総合病院の女性外来が窓口的な役割である傾向にあるのに対して、女性外来専門のクリニックは本格的な診療を行っている傾向がありますが、総合病院でも本格的な女性外来を設けていることもあり一概には言えませんので、HPなどの病院側から提供されている情報、実際に診察を受けた人の評判などの情報も収集し、自分の目的に合った女性外来を選びたいものです。

受診するときの注意点

女性外来を受診するときには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

まず、同じ「女性外来」と言っても、施設によって、対照とする診療科やシステムが異なります。総合病院の女性外来は、初診窓口であって、実際の診察は専門外来で行うこともあります。

そこで、「受診してみようかな?」と思う医療機関の女性外来については、インターネットや書籍で確認した上で、受診してみるのがよいでしょう。

女性外来は、初診時にじっくり患者からの話を聞き、相談にのるために、ほとんどの女性外来が完全予約制になっています。

予約の方法については各医療機関のHP上の掲示などを確認したり電話で問い合わせをしてください。
生理痛やPMSの悩みで女性外来を受診する場合には、基礎体温表や1年以内の検診の結果があれば、持っていったほうがより話がスムーズになります。クリニックによっては、事前に詳しい問診表を記入するように求めていることもありますので、予約時の説明・指示に従ってできるだけ詳しく、悩んでいることを率直に記入しておきましょう。

初診時には相談のみの場合と、内診を行う場合とがあります。内診が必要な場合は、上下に分かれた服装、上半身は前あきボタンのもの、ボトムはフレアスカートなどがスムーズに診察を受けられて、余計な緊張をしなくてすみます。

女性外来での診療にかかる費用に関しては、初診からすべて保険適用範囲内という場合と、初診時のみ自費負担である場合、再診後の治療内容により自費負担がある場合など、医療施設によってさまざまです。自治体が設けている女性外来では保険的内容内での診療であることが多いようです。

一方で、女性外来専門クリニックでは、カウンセリングにより時間をかけていたり、細かい項目まで検査を行ったりする前に、初診が自費負担となるケースがあります。再診後の治療に関しても、医療用サプリメントを使用したものや、カウンセリングなど、保険適用外の自費負担となるものがあります。

生理痛やPMSは時間をかけて治療をすることが多くなります。経済的、時間的にも負担がないように、それぞれの医療機関の提供する診療の内容などを確認し、初診時にも疑問に思うことがあれば確認をしましょう。

ページトップへ↑