低体温とは

低体温とは

TOPページ 生理痛と低体温 > 低体温とは

 

低体温とは

通常、大人の体温は36.5度前後ですが、平熱が35度台しかない、低体温の女性が増えています。また、子供では本来、平熱が36度台の後半であることが普通なのですが、最近では低体温の子供も増えているようです。低体温とは、単に手足などの末端が冷えている状態ではなく、内臓などの体の中の体温も低くなっている状態です。

体温が低くなると、自律神経系は熱を外に逃がさないように働き、体表面や末端への血液の循環を鈍らせたり、汗をかかなくなったりします。血液循環が悪くなるために肩こりや頭痛などの症状が起きます。特に体の表面近くへの血流が減るので、皮膚のターンオーバーが乱れて肌荒れ、にきびなどが起こります。血液循環が滞って熱が低くなると、糖の代謝が低下して、太りやすくなったり、疲れやすくなったりします。

体温が低くなると、免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなります。ウイルスに感染すると、通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、もともとの体温が低い体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり、感染症が治りにくくなります。またガン患者には低体温が多く見られるといいます。

生理痛と低体温との関連では、生理痛の大きな原因は骨盤内がうっ血して経血がスムーズに排出されないために必要以上に子宮が強く収縮することですから、血液の循環が悪くなる低体温は当然、生理痛を悪化させる要因になります。低体温は体にとって異常事態なので、自律神経系やホルモン系が緊張状態になっていることも生理痛に影響します。

低体温にもいろいろなパターンがあります。多くの場合、末端の手、足が冷たい、いわゆる冷え性の自覚がありますが、手足や顔がほてっていつも暑く感じているのに体幹部が冷えている「ひえのぼせ」もあり、低体温の自覚がないことがあります。冷えている自覚がないままに冷房の効いたオフィスで素足でいたり、冷たい飲み物や甘いものを取り続けていたりしてさらに体を冷やしてしまうこともあります。仙骨の上やお腹を触ってみて冷たく感じるようなら低体温の可能性があります。

生理痛がある場合は、腰や下腹部を部分的に温めることでも痛みは緩和しますが、根本的な症状の改善には、全身の代謝を上げて体温をあげ、低体温を解消することが大切です。

低体温と生理痛

生理痛に悩まされる女性には低体温、冷え性の人が多いといいます。低体温、冷え性の自覚がなくても、腰の周辺や下腹部を触ると冷たい、ということはないでしょうか。お腹などは服に隠れている部分ですから、本来は温かくないとおかしいですよね。また、冷えている、という感じがなくても、下腹部や腰を温めると生理痛の痛みが楽になる、という経験は、生理痛がある多くの女性が持っていると思います。
低体温と生理痛の関係には次のようなことが考えられます。

体温が低いと、体幹部の熱を保つために末端の毛細血管は収縮して血液循環が悪くなります。結果、末端だけではなく、全身の血流が滞るために、骨盤内もうっ血し、子宮内膜や経血が体外へスムーズに押し出されなくなり、子宮を収縮させるプロスタグランディンの分泌量が増えて、骨盤内や腹腔内の他の臓器が引っ張られることで生理痛の痛みが増すといわれます。

低体温の生理痛に対する長期的な影響としては、冷えにより血流が滞るため、血液と共に運ばれる酸素や栄養分が全身に行き渡らなくなり、子宮や卵巣など女性生殖器の働きが低下し、女性ホルモンの分泌量やバランスが乱れるために、むくみや乳房の張り、頭痛など、生理前から生理中のさまざまな不快症状を引き起こすことが考えられます。

東洋医学でも冷えは血流を停滞させ、お血に関連するトラブルを招く原因と見られ、女性の場合であれば生理痛や生理不順につながると考えられています。

体温が35.5度前後しかない場合は低体温の状態です。女性の場合、生理終了後、次の排卵までの低体温期ですが、それでも36度台あるのが正常です。低体温の人は平熱が36度台の健康な人に比べて代謝が悪く、免疫力も低下し、疲労物質が溜まりやすい状態になっています。低体温は直接的に生理痛の原因になるほか、このような不調によって自律神経やホルモンの働きを乱して、それがさらに生理痛を起こしたり、生理痛を悪化させたりしている可能性が大きいと考えられます。また、低体温の人では排卵後の高温期になっても体温が十分に上がらないために、妊娠しづらくなることも考えられます。

低体温を解消し、全身にスムーズに血液がめぐる体をつくることは、生理痛改善のためにはぜひ必要なことです。

低体温の解消法

低体温を改善し、生理痛を和らげるにはどうしたらよいのでしょうか。

低体温の原因として考えられることは、

・睡眠不足、過労、ストレス、冷暖房による自律神経の乱れ。
・.貧血のために血液中のヘモグロビンの量が少ないと、酸素が十分に末端まで運ばれないために、血液中の糖分をエネルギーに変える代謝が低下する。
・体を締め付ける下着や洋服、素足やお腹が冷える服装で血液循環が悪くなる
・運動不足のために、骨格筋で作られる熱が少なかったり、筋肉の血液ポンプ作用が不足して血液循環が悪くなったりする。
・食生活の乱れ、.季節はずれのトマトなどの夏野菜や熱帯産果物などの体を冷やす食べ物、コーヒーなどの体を冷やす飲み物の摂取・過激なダイエットによる栄養不足。特にビタミンB郡や亜鉛などミネラルが不足すると体内のホメオスターシスを維持する機能がうまく働かなくなり、エネルギー代謝が低下します。

・ 甘いもの(精白糖)、精白穀物の取りすぎによる低血糖症。同じ精白穀物の中でも米よりもパンの方が粉になっている分血糖値が急上昇しやすい。

などでした。いわゆる「冷え性」や生理痛のときの冷えの、対症療法的な対策としては、下腹部や仙骨に使い捨てカイロをあてる、といった方法がありますが、低体温を根本的に解消するには、上記のような原因を踏まえた上で、生活習慣、食生活を改善することが大切です。特に、睡眠、食事、運動、入浴は自律神経やホルモンのバランスを整える基本です。

食事は、体を冷やすもの、低血糖を引き起こしやすい砂糖・精白穀物をさけます。体を温めると言われる特定の単一の食べ物だけをたくさん食べるのではなく、GI値が高く、ビタミンB郡やたんぱく質を含む全粒穀物と加熱した野菜、豆製品を中心に、ごはん、味噌汁、おかず、という形での食事にします。

ただ、生活改善による低体温解消の効果が現れるにはある程度の時間がかかりますので、生理痛などの症状が重い場合には、まず痛みを和らげるための対症療法として痛み止めを使ったり、自律神経・ホルモンのバランスを整える働きを助けるために漢方薬や鍼灸などを生活改善と同時に用いたりすることが必要な場合もあるでしょう。

ページトップへ↑